赤ちゃん

ベビー用の布団が人気|通気性がよく寝心地バツグン

費用を抑え手間を省く工夫

乳児

6歳未満の乳幼児が車に乗る際、チャイルドシートの設置が義務付けられています。それ以上の子供でも、身長140cmに達するまでは使用した方が良いでしょう。身体の成長に合わせ、レンタルするのが合理的です。使用後の処理に頭を悩ます必要もありません。

詳細

安全な水を飲むために

子供

赤ちゃんのいる家庭に最近人気なのが、ウォーターサーバーです。生水が飲めない赤ちゃんにとって、ウォーターサーバーはとても便利です。すぐにミルクや離乳食用に使えるため、毎回お湯を沸かす手間を省くことができます。

詳細

赤ちゃんの快眠のために

双子

赤ちゃんは、多くの時間を睡眠に費やします。睡眠の度に使われるのがベビー布団ですが、色々な種類がベビー用品店などで販売されています。ベビー布団を購入する際に最も大事なのは、敷き布団です。敷き布団は、赤ちゃんを優しく支える役割を持っています。敷き布団を選ぶ際には、ある程度硬いものを選ぶことが大切です。赤ちゃんの重みで沈みすぎてしまうと、寝返りを打った際に呼吸しづらくなる可能性があります。これが、乳幼児突然死症候群の原因にもなることもあります。購入する時は、硬さや厳しい検査を通過している商品なのかを確認すると良いです。なお、種類も大きさが2通りで、標準サイズとミニサイズがあります。購入するベッドの大きさに注意して選ぶことが大事です。

ベビー布団を買うにあたり、多くの人が購入しているのが、セット商品です。セット商品では、厚手と薄手の布団に加え、防水シートまで付いているものもあります。種類もキャラクターシリーズや、オーガニックコットンにこだわったものなどがあります。幅広く取り揃えてあり、またインターネットでもたくさん販売しています。赤ちゃんの性別や好みに合わせた物を見つけることができ、とても人気です。また、綿素材を重視したものも人気です。綿素材は、赤ちゃんの汗を吸い取りやすくする他、肌にも優しいという特徴があります。赤ちゃんは基本的に汗っかきです。そこで綿素材が役に立つ仕事をしてくれ、汗を吸い込みつつも、通気性を良くしてくれます。ベビー布団にも色々な特徴がありますので、デザインだけでなく、機能性も重視することが大切です。

お出かけ時には必須

家族

赤ちゃんが母乳やミルク以外のものを飲むようになったら赤ちゃん用の水筒を買うと良いでしょう。大人用のものとちがい、持ちやすく飲みやすいようになっているためです。ストローや飲み口などの部品は早めに替えのものを用意しておくといざという時安心です。

詳細